弊社では、地域開発部を設立し、農業/農村開発、コミュニティ/地域開発に係わるプロジェクトに積極的に取り組んでおり、弊社が有している開発分野のソフト面に対する幅広い知識・経験を活かして、プロジェクトの計画立案および実施、研修事業の支援を行っております。
 また、BOPビジネスや中小企業支援等の新規分野に挑戦していくため、これらの事例研修や農業基礎技術等に関連する知識・能力の向上に努めており、農業・農村分野の地域開発に係わるプロジェクトの更なる実施と、新規分野へ参画できる人材の育成を目指しています。
 分野の課題・キーワード
□ 地域開発  □ 営農支援  □ BOPビジネス  □ バリューチェーン
□ 生活改善  □ 組織育成  □ ジェンダー問題  □ コミュニティ開発
□ 農村金融   □ 一村一品  □ アグリビジネス  □ 農業マーケティング

  主な実施案件
生活改善 アフリカ地域別
「生活改善アプローチによる農村コミュニティ開発」コース
  平成23年度ソフト型フォローアップ
 JICAは、戦後日本の農村で実践された生活改善普及事業を応用した本邦研修「生活改善アプローチによる農村コミュニティ開発」を実施し、さらに事後プログラムによる現地での研修成果の発現に努めています。本案件では、研修員の国への現地踏査を実施し、研修成果及び研修員ネットワークの構築に向けた情報を収集・分析して、研修員の活動やプロジェクトの成果が発展・継続するように支援を行いました。

          ⇒プロジェクト紹介ページへ

調査団員による聞き取り調査

コミュニティ開発 サヘル地域における貯水池の有効活用と
自律的コミュニティ開発プロジェクト
 サヘル地域に位置するニジェールは、天水農業が一般的であり、天候不順による収穫量への影響が懸念されています。本プロジェクトでは、持続的な農村開発の促進と安定的な農業生産の実現に向け、貯水池を利用した灌漑農業の普及をFFS(Farmer’s Field School)活動を通じて、カウンターパートと農家に対して行いました。

          ⇒プロジェクト紹介ページへ

FFS活動を通じて意見交換するメンバー

農業マーケティング ブルキナファソ国市場志向型農産品振興
マスタープラン策定プロジェクト
 農産業に依存するブルキナファソでは、貿易収支赤字が続いており、モノカルチャーな産業構造の改善及び輸出額の増加が必要となっています。本プロジェクトでは、市場を意識した農業生産・経営の手法である市場志向型農業を推進するマスタープランの策定に向けた調査や実証活動を行いました。

          ⇒プロジェクト紹介ページへ

輸出用イチゴのパック詰め作業の様子

地域開発 イラン国乾燥地貧困改善農業農村支援プロジェクト
(開発計画調査型技術計画)
 イラン東部の乾燥地域では、都市部との著しい経済格差が大きな課題となっています。本事業では、地域の特産品の生産性の向上、収入源の多様化及び住民の生活環境の改善を図るため、我が国の農業の6次産業化の経験を踏まえて、農村部の貧困改善を目指すマスタープランを策定しました。

          ⇒プロジェクト紹介ページへ

特産品のひとつであるバーベリーの収穫風景