社員紹介7

加藤 綾香
入社の動機
漠然と開発途上国に関わる仕事がしたいと考えていました。様々な関わり方がある中で、実際に現場で現地の人と共に仕事をしていくという点が魅力に感じ、入社いたしました。
現在の仕事
入社後まもない時期から、アフリカの農業案件で海外現地業務を行うことができました。その後は、バックグラウンドは農業土木ですが、中東、アフリカの灌漑案件、研修業務など幅広く業務を行っています。現在は、現地から研修生を受け入れ、視察や演習を通して、技術を身に付けてもらう研修業務が多いです。
今後に向けて
海外業務は、その国々、人々によって常識・考え方が異なるゆえに、型にはめることができず、日々、試行錯誤をしながら進めなくてはならないところに、面白みを感じています。一方で、知識・経験不足ゆえに、適切なアドバイスができない時等は、無力さを感じることも多いです。今後は、経験を重ね、適格なアプローチで結果を引き出せるコンサルタントになりたいと考えています。